”○○” を汚す人間は ”○○” を本当に好きじゃない人。

こんな原文考えてみました。

”○○” を汚す人間は ”○○” を本当に好きじゃない人。

”○○”は声をあげて嘆くことも、訴えることもできないから “○○” が大好きな人達が手当して、労ってくれて綺麗にしてくれたりしている。

「○○」と思うなんてもってのほか。
欲しいのは「○○」「○○」とかじゃなく。
“○○” を本当に好きになって欲しいということ。

大勢の “○○” の人たちは、
大切な “○○” と “○○” を過ごせない。

“○○” なんて無ければいいのに。