AEDについて@ NHK

NHKの記事では計算上、年間でおよそ100人助かっているそうです。
 
ある統計では、一般市民が心肺停止を発見している件数が年間約20,000件。そのうち、一般市民がAEDを実施しているのが300件未満。
 
AEDを使うことができないと思う理由
1位「使い方がわからないから」(53%)
2位「AEDを使うべき状態かどうかわからないから」(22%)
 
だそうです。
 
1位のアンサー「講習受けてください!」
2位のアンサー「AED本体が判断するので考えなくて大丈夫です」
  
一般市民が発見する数に驚きですね、年間2万件。
毎日50人以上発見されていることになります。確率からしても他人事ではありませんね….
 
健康な人でもちょっとしたアクシデントで心停止は起きてしまいますからね。。寒くなる季節、発生も増えそうです。。
 
それにAED実施が300件しかない…..
未使用の理由も「使い方」…義務教育や会社の避難訓練などとセットにして普及して欲しいものですね。
特に乳児から小さいお子さんをお持ちの方、是非。
 
 
AED講習のレポート

3年毎の更新も今回で2回目。東京消防庁認定・上級救命技能講習(乳児・小児・成人の心肺蘇生+AED+応急手当)を更新受講(1,600円)してきました。 今回は立川消防署・防災館にて。施設内の体育館に30名ほど。 この講習は、心臓マ…

安藤 光さんの投稿 2016年7月25日

AEDで助かる命(AEDについてイラストで)
http://www.jhf.or.jp/aed/